1月

●0歳児 つくし

つのつのファミリーというブロックで保育者が鉄砲を作り、「バンバン」と打つ真似をすると、タイミングよくSちゃんが、「うわー」と言いながら倒れました!意味がわかっているのかな?演技力にビックリです!

 

窓から外の様子を覗いていたRくん。犬の散歩をしている人がいると、手を頬に当てて「おーい、おーい」と声を掛けていました。それを見たSちゃんも「おーい、おーい」と大きな声で呼んでいました。声は届いたかな?

 


●1歳児 たんぽぽ

久しぶりに髪を結んできたYちゃん。「Yちゃん、可愛いね。誰に結んでもらったの?」と聞いてみると、「ママ、スーパーヒーロー!」と、言っていました。ママはYちゃんにとってスーパーヒーローなんですね!ほっこりとしたつぶやきでした。

 

ある日の給食のこと。「今日はデザートにパイナップルがあるよ!」と保育者が言うと、それを聞き楽しみにしていたNちゃん。「あ、パイナップルあった!」と嬉しそうな声が聞こえ、(あれ?お汁食べてるのに、どこにパイナップルがあるんだろう?)と思い、Nちゃんの指を指す方を見てみると、玉ねぎでした。確かに似てるかも!!とNちゃんと一緒に笑ってしまいました。

 


●2歳児 すみれ

1月25日にすみれ組さんはお店屋さんごっこがありました。事前にチケットに色塗りをしたり、商品も作ったりしました。お店屋さんがオープンすると自分の好きなおもちゃや食べ物を買って、さかな釣りやお絵描きも楽しんでいましたよ!お部屋に戻り、買った物の見せ合いをしていた時、TくんやSちゃんはブレスレットを買っていて「ママにプレゼント」「キラキラだから、ママ喜ぶかな?」とお母さんの事を考えながら買ったようです。その後おままごとで遊んでいた時には「いらっしゃいませ〜」「これは〇〇になります」「お金ください!」とお店の人になりきりって大きな声でお客さんにアピールしていましたよ!お家でも買った物のお話をしながらごっこ遊びを楽しんでみてくださいね!

 

雪が降ったある日のこと。園庭に出るには気温が低いので、洗面器に雪を入れて、手で触れて遊びました。「キャー!つめたーい!」「手が真っ赤だね!」と友だちと笑い合って大喜びでした。Kくんは本当に雪遊びが好きなようで、「冷たすぎる〜!!」と言いながらも跳びはねて何回も触り、手が冷たくなると保育者の所へ来て手を温めてから、また雪を触る…というのを何回も繰り返していましたよ。

たくさん雪が降ったら、「おっきい雪だるまつくるー!」「赤い目の雪うさぎつくるー!」など、みんな楽しみにしているすみれ組さんです!

 


●3歳児 もも

「あ!ゆきや〜!」とチラチラ降ってきた雪に気がつくTちゃん。「ほんとや〜!」と次々に窓際に集まってきて、みんなで「ゆき!ゆき!」とうれしそうに外を眺めていました。「今日ゆきマークやったし。」「そうやー!ゆきってテレビでゆっとった!」「かなざわ、ゆきやって!」「ここ、かなざわ?」「ここ、にほんだよー!」と思わず笑ってしまう場面も。1人の子が「ゆ〜きやこんこ〜 あられやこんこ〜」と歌うと、つられて歌い出し、みんなで大合唱していたももぐみさんでした。

 

待ちに待ったお店屋さんごっこ!さくら組の店員さんに緊張しながらも「これください。」「ありがとう。」とやりとりし、買い物を楽しんできました!ウルトラマンのフォトコーナーや魚釣り、ぬりえにも目をキラキラさせ、本当に楽しい1日になったようです。「たのしかった〜!」「もっかいしたーい!」「また行きたーい!」と何度も何度も言っており、楽しかった様子が伝わってきましたよ!また1つ素敵な思い出が増えたもも組さんです。

 


●4歳児 ばら

今月は風邪症状で休む子が多く、1月生まれのお誕生会は、園全体では行わず、クラスでお祝いしました。誕生児のYくんは欠席だったので、ちょっぴり寂しいお誕生会の日でした。

数日後、そのYくんが久しぶりに登園してきました。Yくんがお部屋に入ってくるやいなや、同じ1月生まれのお友だちのNくんとRくんが、「Yくん!お誕生日おめでとう!」とかけ寄ります。誕生会当日にお休みしていたYくんのことをずっと気にかけていたのですね。第一声にそんな素敵な言葉をかけてあげられる2人の優しさに驚き、とっても温かい気持ちになりました。Yくんも思いがけない言葉に驚きつつも、「嬉しかったよ〜!」とあとからこっそり保育者に教えてくれていましたよ。

 

冬になってから、伝承遊びがブームのばら組。「かごめかごめ」に「はないちもんめ」などを大きな声で歌い、驚くほど盛り上がっています。さらには、正月のコマ回しやゴム跳びも。

子どもたちに「これは、すごく昔からある遊びなんだよ!」と言うと「昔ってどんぐらい?」と言うので「先生のおばあちゃんが子どもの頃にはもうあったよ。」というと「恐竜いた?」と真剣に聞く子も。「恐竜はいないけど着物は着ていたかもしれないね!」と言うと「桃太郎の時!」という声もありましたが、「自分がまだ赤ちゃんだった頃!」という子もいて「昔」の感覚はこんなに違うものなのだなぁと思いました。

 


●5歳児 さくら

みんなが楽しみにしていたお店屋さんごっこの日のことです。

遊戯室に入ると「いらっしゃいませ〜」と呼び込む元気な声が!その声に誘われオモチャのお店に行くと、待ってました!とばかりに「マラカスあるよ」「ブレスレットあります」とお店の人になりきっている子どもたちでした。みんなの声に耳を傾けどれにしようか悩んでいた保育者だったのですが、「Rのヒコーキ買って」との切実な声かけに胸を打たれてしまいました。「ヒコーキ買います!」とR君に伝えるとニコニコ笑顔でその後も対応してくれました。

 

今月は楽しみいっぱいのさくら組さん。まずは郵便屋さんごっこがあり、さくら組さんは園のみんなにお手紙を書き、そして郵便屋さんになって配達などのお仕事をしてくれました。自分の当番が来るのを首を長くして待っていて、当番当日には「やったー!郵便屋さん出来る!」と大喜びでしたよ。配達の時には「郵便でーす!」と大きな声でポストに入れてくれました。配達から帰ってきて自分のポストを確認するHくん。お返事のハガキが来たことがとても嬉しかったようで「ずっと郵便屋さんごっこしたいなー。」と呟いていました。

 



12月

●0歳児 つくし

初めてレゴブロックを出した時のこと。みんな集中して遊び始め、Rくんは「できたー!」と言って満面の笑みで作ったものを見せてくれました。家でこっそりお父さんと「できた」という言葉を練習していたようで、その成果が園でも見られました。少しずつハッキリとした言葉が部屋中に聞こえるようになってきて、毎日が楽しい保育者です。

 

クリスマスの今日、Sちゃんに保育者が「Sちゃんのところにサンタさん来た?」と聞くと「うん!」と嬉しそうに応えてくれました。園にもサンタさんが来てくれて、午睡後枕元にプレゼントが置いてあるのに気がつくと(何かな?)と触って確かめ。袋からプレゼントを出し、「わーい」とバンザイして喜び、「あんと」と満面の笑みでサンタさんに感謝を伝えていました!

 


●1歳児 たんぽぽ

クレーン車が大好きなSくん。登園時に見つけたクレーン車のお話を片手をくいっと上げて「ういーん」と教えてくれました。「クレーン車、ういーんってなってたんだね‼︎」と保育者が答えていると、そこへやってきたHくん。ニコニコ笑顔で「ウインナーたべたよ‼︎」と言ってきてくれました。可愛い聞き間違いと、上手なお話にほのぼのとしました。

 

皆が好きなおやつの1つに「塩せんべい」があります。お花の形をしているので、食べ進めると色々な形が想像できて面白く、子ども達のイメージ力に驚きます。Tくんも食べかけのおせんべいを「ほら」と見せてくれました。「これは車かな?」と保育者が言うと''ううん''と首を振って身振りをつけながら、「ガオー」と吠えるTくん。確かに花びら部分が恐竜の背中に見えるね。思いが伝わると、パクっとせんべいを食べ満足そうなTくんでした。

 


●2歳児 すみれ

クリスマスが近づくと、サンタさんへのプレゼントを何にするかという会話がよく聞かれました。女の子は「ミッキーのパソコン!」「シルバニアファミリー!」「お化粧ポンポン!」などがあり、男の子は「プラレール!」「ダダンダン!」などが聞かれました。その話を側でうんうんと頷いている保育者にKくんが「せんせーは何をおねがいするの?」と聞いてくれました。「えー?!先生に聞いてくれるの?うーん、何にしようかなー?」とウキウキ顔で考えていると、もう1人のKくんが「スマホ?」と言うので、「確かに!先生は、スマホ!iPhoneがほしーなー!」と現実的な答えを言うと、Kくんは(やっぱりそうか!)という顔で笑っていました。それにしてもKくんはよく大人心を分かっているなーと感心しました。そんなKくんのサンタさんの願い事は…ポケカ!だそうです!

 

収穫祭があった日にすみれ組のみんなでおにぎりづくりをしましたよ!

まずはおにぎりの絵本を読んで、粘土で握る練習をしました。それからラップの上にご飯を置いてにぎにぎ。Sちゃんは「おいしくな〜れ」と言いながら握っていました。自分で作ったおにぎりは格別なようで、みんなすぐに食べ終えていました。物足りない様子のTくんは保育者のところへ来て「おかわり」と言いますが、この日はおかわりがありませんでした。海苔だけが残っていた為、「海苔でも良い?」と聞かれると「うん!」と言い、満足そうな顔で海苔を食べていたTくんでした。

おにぎり作りが楽しかったようで終わってからは、「ママ、パパにおっきいの作ってあげる〜!」や「また作りたいな〜」と言う子もいましたよ。

 


●3歳児 もも

収穫祭では、大きな大きな釜のめった汁作りを見学してきました!釜から上がった湯気に「わぁ〜っ!」と歓声をあげ、夢中で見ていたもも組さん。「おいしくなあれー!!」と釜におまじないをかけ、出来上がりを楽しみに待っていましたよ。いよいよ給食の時間…「いい匂いする〜!」と Nくんが言うと、周りのお友だちも釣られてくんくん匂いを嗅いでいました。めった汁は、特別美味しかったようで、「あったか〜い!」「くちびる熱かったー!」など言いながら「おいしー!」とおかわりしてモリモリ食べていました。そんな中、首を傾げて「味噌なーい!」とお椀の中を探すHくん。給食先生に見せてもらった味噌は形があったね!可愛い姿にほっこり癒されました。

 

クリスマスも終わり、お部屋ではクリスマスソングから「お正月」や「コンコンクシャンのうた」「北風小僧の寒太郎」などの新しい歌に替わり、元気いっぱい歌っているもも組さんです。「北風小僧の寒太郎」の歌は、まずは保育者が歌って聴かせてみたのですが、「あー!知っとるよ!北風小僧の金太郎やろ!」と得意げなKちゃんの一言に、大笑いの保育者でした。

 


●4歳児 ばら

表現会の女の子遊戯「GO FOR IT‼︎」のみんな。

真面目に練習を続け、早い段階からとても上手に踊れていました。後半に入ってくると「上手!」「いいね!」の褒め言葉に飽きてきたのか練習が終わる度に「今日は何点やった??」と聞いてくるように。70点と言われれば頬を膨らませ、90点と言われればみんなで「イエーイ!」。保育者も喜ぶ顔見たさについつい高得点を連発してしまい最後の週には「99点!」が続いてしまいました。迎えた本番、終了後に着替えながら「何点だった?」とまた聞いてきた子どもたち、「今日はもちろん100 点満点だよっ!」と答えると「えー!」「は?もっと点数高いし!」「100点よりもっともっと上!」「何で1点しかあがらんの?」とブーイングの嵐(笑) 120点でようやく納得してくれた女の子遊戯チームでした。

 

「クリスマスまであと◯日」と、毎日カレンダーを見ながらクリスマスを心待ちにしていた12月のばら組さん。プレゼントやケーキに期待を膨らませながら、みんなでクリスマス制作ををしました。子どもたちが紙コップにちぎった画用紙やふわふわの綿をくっつけてできた可愛いサンタクロースの顔に、保育者が持ち手と鈴をつけて仕上げます。一つ、また一つと完成していくサンタクロースのベルを見て、Tちゃんが目を輝かせながら「こんなに可愛いの作ったら、サンタさん嬉しくって絶対みんなの所に来てくれるね!」と言うものですから、その純粋な気持ちに、まるで保育者もプレゼントをもらったような温かい気持ちになりました。

クリスマスの数日前からは、冬本番を感じさせるような雪景色に変わり、「サンタさんが近くまで来てるのかな?」と窓の外を見つめる後ろ姿に、みんなが楽しいクリスマスを過ごせるようにと心の中でそっと祈る保育者なのでした。

 

今年限りの仮設園舎での表現会が無事に終わりました。歌・合奏、劇、遊戯…どれも持っている力を出し切って、精一杯頑張ったばら組さん。ちょっぴり緊張した顔をしながらも舞台に立つ姿は、どの子も輝いて見えました。

この日に向けて10月から始まった練習。初めはセリフを言うのも自信がなく涙目になったり、動き出すタイミングや振り付けが難しくて不安な表情が消えない子もいました。でも、練習を繰り返すうちに少しずつ自信がつき始め、お互いの演技や踊る姿を「かっこよかった!」と褒め合い、真似をしたりと、クラス全体が本番を楽しみに、心が一つになっていくのを感じました。

当日は、残念ながら全員出席とはなりませんでしたが、表現会練習を通して、朝の会で大きな声で自己紹介が出来るようになったり、自分の思いを恥ずかしがらずに口に出来るようになったりと、一回りも二回りも大きくなった子どもたちの姿に気づきました。そんな子どもたちの成長が何よりも嬉しく、クラスの絆がぐんと深まったことを実感する保育者なのでした。

こんな素敵な思い出をみんなと一緒に作ることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。当日まで温かく見守って下さった保護者の皆様、本当にありがとうございました。


●5歳児 さくら

12月には収穫祭があり、みんなでめった汁の作り方を給食先生に見せてもらいました。食材が鍋に入っていく様子を嬉しそうに見ており、「美味しそう。お腹空いてきたよ〜。」と朝一番に見せてもらい良い匂いがたまらないようでした。その後ゲームなどを楽しみ、いよいよ給食!めった汁パーティの時間になると「よっしゃ!早く食べよう!」と準備も早かったです。あったかいめった汁に「これサイコーだわ。めっちゃ美味しいね!」とGくん。みんなも「美味しい〜。」と喜んでおかわりして食べていましたよ。そして、いつもと違って主食もおにぎり。みんなで見せあって喜んで食べていました。お忙しい中準備ありがとうございました。

 

クリスマスが近づいてきたある日のこと、

「せんせーサンタさんにもらうプレゼント決めたよ、せんせーは?」と嬉しそうなEちゃん「そうだな…何にしよう、ワクワク!」と話しを続けると「え?せんせーももらえるん?」とあまりにも驚いた表情を見せるEちゃんに笑ってしまった保育者なのでした。

 



11月

●0歳児 つくし

絵本を出すと喜んで見ているつくし組さん。Sちゃんが保育者のところに絵本を持ってきたので、一緒に読み、最後に「おーしーまいっ」と言うと、「もっかい、もっかい」と人差し指を立てて、読んで欲しいことを言葉と仕草で伝えることができていてビックリしました。その後何度も「もっかい」と言うので、繰り返し読みました。絵本が大好きになったね。また一緒に見ようね!

 

おままごとをしていた時のこと。Rくんが食べ物を食べる真似をして「うま〜い!」と言うと、Sちゃんも真似して「うま〜い!」と言っていました。その後も繰り返し食べる真似を楽しんでいました。保育者に「あーん」と言って食べさせてくれる優しい姿も沢山見られました。最近少しずつハッキリとした言葉を発せられるようになったり、お友だちと仲良く遊べるようになり、より楽しくなってきました。

 

お片付けの時間になり、保育者がカップの中に玩具を入れ、集めていました。Rくんに「じゃーしてきてほしいな」とお願いをして渡すと、Rくんはそれを持っていき、「じゃー」と言いながら上手に箱の中にお片付けすることができていました。少しずつ言葉を理解して行動できるようになってきたつくし組さん。素敵な一面でした。

 


●1歳児 たんぽぽ

「あそびましょう」という紙芝居を読んでいたのですが、その話は、動物達が次々に女の子の家に遊びに来る話しでした。その紙芝居が読み終わった後に、保育者が「リスさんがお家に遊びに来た事がある人?」と聞くと5人くらい手を挙げて「来た事あるよー!」と教えてくれましたよ。

 

お誕生日が近いT君に、保育者が「T君のお誕生日は良い夫婦の日だね」と言うと、T君が「いいフーフー!」と手を挙げて言っていて、思わず笑ってしまいました。ノリノリで言ってくれたのがとても可愛いかったです。

 


●2歳児 すみれ

初めての表現会に向け、遊戯や手遊び歌の練習を頑張っています‼︎

各グループで分かれて練習をしていたの事。

「○○を踊る子集まれ〜」と保育者が声をかけると「はーい」とやってくる子の他に「頑張れ〜」と言う声や一緒に歌ったり、「ブンブン」等と掛け声を一緒に言っている声が聞こえてきます。舞台の上で踊る事やみんなの前で踊る事に緊張する子もいますが「頑張れ」の一言で顔がパッと明るくなり笑顔になります。応援される事で力が湧いて元気に踊っているすみれ組さん。初めての表現会で緊張するかもしれないけれど、頑張ろうね!

 

11月は天気が良い日が多く、お散歩に行く機会も多く持てました。窪伏見台公園にお散歩に行った日の事。松ぼっくりが一ヶ所にたくさん落ちていました。いつも拾うのが早い子がたくさん取っていますが、取りたくてももうないな…と残念そうにする子もいたので、「今日は、松ぼっくりを1人1つにしよう!そしたらみんな拾えるかな?」と子どもたちに声を掛けました。すると、みんな1人1つだけ拾い、次は落ち葉やどんぐりを拾っていました。すみれさん優しいな〜と思っていると、Nくんが松ぼっくりを手に持ち保育者の方に走ってくるので、「Nくん、袋に入れたら?」と伝えると、「N、もう(袋に)ある!」とのこと。2つ目の松ぼっくりを見つけたので、誰か持っていないお友だちにあげようとしていたのです。(なんて優しいNくん!)と感心しながら、まだ持っていないお友だちを一緒に探しました。結局、みんな持っていたので、Nくんにその松ぼっくり渡すと(ラッキー!)という顔で笑っていました。Nくんの優しさに心が温かくなりました。

 


●3歳児 もも

表現会に向けて、練習に取り組んでいるもも組さん。衣裳準備などのご協力もありがとうございました!毎日のように「踊りやりたい!だって楽しいもん!」「今日劇する?イェーイ!」と意欲的に練習に励む姿が見られますよ。舞台での練習が始まると、まるでアイドルかのように見ているお友だちに手を振り、笑顔を振りまく子もいました。恥ずかしくてついつい横ばかり見てしまう子もいますが、「ママに見てもらう!」「運動会みたいに表現会もパパ来るよ!」「上手って言ってもらう!」と当日を心待ちにしているようです。当日は大勢の前に立ち、歌ったり、踊ったり、演じたり…ドキドキしながらも最後までがんばる姿を、暖かく見守ってあげて下さいね!そして、やり遂げた後には、たくさん褒めてあげて下さい!

 

最近は「今日お外で遊ぶ?」と楽しみにしている子が多いもも組さん。

お天気のいい日には外でたくさん遊んで過ごしています。

砂場をスコップで掘って出てくる石を持って来て「恐竜の化石見つけたよ〜!」や小さい石を見つけると「リスの化石だよ」など化石探しがブームです!発想が可愛く癒されます。

他にもお皿やカップにたくさんの砂を乗せ、「アイスクリームやさんです」と色々な味のアイスを持って来てくれたり、「何食べたい?」と保育者に聞いて、お料理をたくさん持って来てくれています!

 


●4歳児 ばら

クラスにある「こびとづかん」の解説本が大好きなばら組の子どもたち。

公園の小山で遊んでいる時にK君が「先生!リスの巣を見つけた!」とドングリがいっぱい詰まった木の穴の事を教えてくれた時に、「この公園にリスなんておらんよ!」「カラスじゃない?」のお友だちの声が飛びました。ムムム…と考えてたK君は「そうや、リスの…こびとの穴なんや!みんな〜!リスのこびとの穴を見つけたよー!」と大きな声で言いました。

そこからは皆、あちこちの木の幹や根の裏など「あそこの木の陰は怪しい。」「さっき、赤い葉っぱがカサカサ動いたよ!」など探偵さながらにこびと探し。もはや風が吹いてもトンボが横切ってもこびとの仕業に見えるばら組の子どもたちでした。きっと、本当にこびとの存在を感じるのでしょうね!

 

表現会に向けて、「こんなこいるかな」のうたを日々歌っているばら組です。

歌詞の中に「♪どきどきのアイドル」というフレーズがあるので、「みんなにとってのアイドルって誰かな?」と子どもたちに聞いてみました。

すると、「Cちゃん!頑張り屋さんだから!」「Mちゃん!優しいから!」「Mくん!かっこいいから!」「Rくん!おもしろいから!」と、たくさんの熱い声が返ってきました。

普段からお友だちのことをよく見ていて、良い所を見つけられるのは、さすがいつも仲良しのばら組さん!と、嬉しい気持ちになった保育者でした。

先生たちにとっては、ばら組さん一人一人がみんな可愛いアイドルだよ!

 


●5歳児 さくら

ある日のお昼寝後のこと。Rくんが「せんせー今日はあんまり眠れなかった。」と話しており、風の強い日だったので「風強かったもんね。」と話すと「違うよ。サンタさんが来ると思うとドキドキして眠れなかったんだ〜。」と嬉しそうに話してくれました。後から聞いてみるとサンタさんへの手紙を書いたこともドキドキにつながっていたそうです。もうすぐ12月。サンタさんの話題も子どもたちからよく聞かれます。素敵なクリスマスが待ち遠しい子どもたちです。

 

園庭遊びをしていた時です。「せんせーこっち来て」と呼ばれ行ってみるとバケツいっぱいに砂が入っていました。それをひっくり返し「はい、プリン、せんせー大きいからね。重たかった〜」とヘトヘトの様子のS君。「じゃあ一緒に食べよう」と保育者が誘うと「砂やしいいわ〜」との事。作ったのはS君だったような…と思いながらも美味しく食べる真似をした保育者なのでした。